前に戻る 次に進む topページへ


第4節 渇水時の体制の整備

1 渇水に備えた体制の強化

〔現況と課題〕
 平成6年の全国的な異常渇水では、本県においても時間断水や河川からの取水制限の措置がとられ、県民や農林水産業を中心に各方面において渇水による影響がありました。
 このため、県ではこの異常渇水を教訓として、渇水時における迅速・的確な対応を図るため、平成7年に福井県渇水対応マニュアルを策定しました。
 今後は、この渇水対応マニュアルが効果的に機能するように、体制の充実を図る必要があります。

〔施策の展開方向〕
・市町村における渇水時の体制の充実と国等の関係機関との連携を強化することにより、渇水対応マニュアルによる効果的な渇水対策に努めます。


前に戻る 次に進む topページへ