前に戻る 次に進む topページへ


2 上下流交流連携活動の促進

〔現況と課題〕
 水源かん養等に重要な役割を果たしている上流地域では、過疎化が進み、森林や農地等の良好な維持に困難をきたす状態がみられます。また、ダム周辺地域では、ダムの建設により自然や生活・生産基盤が著しく変化するなど、大きな影響を受けることが多くなっています。
 一方、このような地域で育まれた清浄で豊かな水資源は、主として下流の地域にその恩恵を与えるとともに、上流地域のもつ森林や農山村風景等は、都市住民に心のやすらぎを与えるとともに心身のリフレッシュに欠かせないものとなっています。
 流域の水環境の保全のためには、上流地域から下流地域までの一体となった取り組みが重要であり、上流地域と下流地域の相互交流の促進を図るとともに、上流地域の水環境の保全対策に下流地域が協力していく必要があります。

〔施策の展開方向〕
・上下流の地域住民の有機的な連携体制の検討および上下流の連帯意識を育てるための啓発・教育活動を推進します。


前に戻る 次に進む topページへ