前に戻る 次に進む topページへ


第5章 豊かな水環境の保全

第1節 親水空間の整備促進
レインボーパーク南条
河川公園の一つレインボーパーク南条

1 河川空間の整備

〔現況と課題〕
 都市化の進展など流域社会の急激かつ大きな変化は、水質の悪化や平常時の水量の減少、良好な緑の減少、生物の多様な生息・成育環境の喪失など、様々なひずみをもたらしています。
 一方で、近年、河川は動植物の生息・成育地として、生活環境の向上を図る上で貴重な水と緑の空間として再認識されています。
 このことから、水質の改善など水資源の大切さを啓発するためにも、人々が日頃から水に親しむことのできる良好な河川空間の整備を進めていく必要があります。

〔施策の展開方向〕
・九頭竜川の清浄な河川水を福井市内の河川等に導水することにより、適切な水量の確保や水質の改善を進める水と緑のネットワーク構想を推進します。
・地域の歴史・文化・風土を活かしたまちづくりと一体となった河川整備を行い、良好な河川環境の形成を図ります。
・河川敷等を利用して行う河川公園の整備と連携して親水施設の整備を行い、安らぎと潤いの感じられる良好な水辺空間の創出を図ります。
・渓流が持っている景観や生態系を踏まえた砂防施設の整備を図り、魅力あるいきいきとした渓流を創造するとともに、水の副次的な利用を図ります。


前に戻る 次に進む topページへ