前に戻る 次に進む topページへ


第4節 排水処理施設の整備促進
日野川スウェッジガーデン:日野川浄化
センターの下水処理水を上部公園の
親水施設(ホタル園、せせらぎ水路、
水性植物園、魚の泳ぐ池)に利用する

1 公共下水道の整備

〔現況と課題〕
 公共下水道は、公共用水域の水質保全および生活環境の改善を目的とする重要な社会基盤施設であり、県内の平成8年度末の普及率は48%となっています。
 今後も家庭等から発生する汚濁負荷量の増加が予定されており、公共用水域の水質を改善するためには、計画的に下水道を整備していく必要があります。

〔施策の展開方向〕
・福井県下水道整備構想に基づき効率的・計画的に整備します。

公共下水道の整備目標 平成22年 約70%


前に戻る 次に進む topページへ