前に戻る 次に進む topページへ


3 河川の汚濁被害防止

〔現況と課題〕
 河川沿岸の都市化に伴い工場等から油等の流出事故が多発する傾向にあるため、その被害防止を図る必要があります。

〔施策の展開方向〕
・水質事故発生時においては、国や関係機関等と連携し、汚染者負担の原則に基づきながら原因の究明や被害の拡大防止のための必要な措置を講じます。
・河川パトロールの定期的な実施により、河川の適正な管理を図ります。


前に戻る 次に進む topページへ