前に戻る 次に進む topページへ


第2節 水質汚濁の防止

1 発生源対策

〔現況と課題〕
 工場や事業場に対しては、排水基準を遵守させるため立入検査による監視指導を進めていますが、都市部を流れる一部の中小河川では、水量が少ないことや家庭からの生活排水の流入により水質汚濁指標であるBOD(生物化学的酸素要求量)が高くなっており、その水質を改善する必要があります。

〔施策の展開方向〕
・工場や事業場に対して排水基準の遵守と排水処理施設の維持・管理を一層徹底し、汚濁不荷の低減を図ります。
・平成8年度からのモデル地区事業の結果を踏まえた生活排水対策マニュアルを作成し、市町村等における生活排水対策への取り組みを推進します。


前に戻る 次に進む topページへ