前に戻る 次に進む topページへ


第3節 水の再利用の推進

1 生活用水の再利用(雑用水としての利用)

〔現況と課題〕
 水資源の有効利用の一方策として、一度使用した水道水に対してろ過処理などを行い、水洗トイレや散水等比較的低水質で利用できる用途に再利用する取り組みが全国的に広がっています。
 水資源の確保策の一つとして、水需給がひっ迫している地域での雑用水利用の導入を検討する必要があります。

〔施策の展開方向〕
・大量の地下水揚水地域や、新たな水資源の確保が困難な地域を中心に、市町村と連携しながら雑用水利用の検討を進めます。


前に戻る 次に進む topページへ