前に戻る 次に進む topページへ


2 工業用水

〔現況と課題〕
 本県の場合、化学産業に次いで水の使用量が多い繊維産業での回収率が極端に低いため、工業用水の回収率は全国平均の76%台を大きく下回る55%台で推移しており、近年頭打ち傾向となっています。
 これは、再利用のための浄化システムが簡易な施設で対応できるものから複雑な再生処理技術が必要なものまで多種にわたっているためです。
 このため、産業の特性に合わせた製造技術の改善等による循環利用を進める必要があります。

〔施策の展開方向〕
・省用水型生産方式の導入を促進するとともに、産業の実態に即した水使用の合理化を啓発します。


前に戻る 次に進む topページへ