前に戻る 次に進む topページへ


2 工業用水道の整備

〔現況と課題〕
 工場等が使用する水はこれまで地下水を水源として供給されてきましたが、同一箇所で集中して大量に揚水された結果、地盤沈下や塩水化などの地下水障害をもたらしたことから、再利用や節水などの合理化対策に取り組んできました。
 しかし、県内産業の発展や企業立地の促進など産業の振興を進めていく上で、安定した水源の確保は極めて重要であり、これまで河川水を水源とした工業用水道の整備を進めてきました。
 現在、工業用水道は県営が2か所、市町村営が3か所整備されており、1か所を建設中、1か所を再整備しています。
 地下水の過剰揚水による地下水障害の防止と工業用水の安定的な供給を図るため、河川水を水源とした工業用水道の整備を更に進める必要があります。

表60 工業用水道事業の概要

工業用水道名 給水区域 給水能力 給水開始
福井臨界工業用水道 テクノポート福井等 46,000m3/日 昭和50年
第一工業用水道 鯖江市東部工業団地 40,000m3/日 昭和51年
金津町工業用水道 金津中部工業団地 2,000m3/日 昭和53年
武生市工業用水道 王子保・池ノ上工業団地 10,000m3/日 昭和53年
上中町工業用水道 若狭テクノバレー 1,600m3/日 平成4年
日野川地区工業用水道 武生市・鯖江市・今立町 31,000m3/日 平成16年

〔施策の展開方向〕
・日野川地区工業用水道事業等の整備促進を図り、計画的に河川水を水源とする工業用水道を整備します。


前に戻る 次に進む topページへ