前に戻る 次に進む topページへ


2 工業用水

(1)水需要の見通し
 高度技術型産業やエネルギー関連企業の立地をめざした産業環境の整備や、観光と結び付いた地域産業の活性化を図ることにより、平成22年の工業出荷額は平成7年に比べ32%増の3,665億円と見込みました。
 工業用水の年間使用量は、化学産業(基礎素材型)を中心とした用水型企業が立地している関係で、平成7年の県全体の水使用量の40%以上を占めていますが、平成22年は平成7年に比べ8.1%増の117,853千m3
になると見込みました。
 また、工業用水の補給量(使用量から回収量を除いたもの)は、主力産業である化学産業の使用量の伸びと回収率の伸びが拮杭するため、平成7年に比べ1.5%増の横ばいで推移するものと見込みました。
 このため、年間では33,800千m3、1日当たりでは144,443m3と見込まれます。

平成22年の1日最大需要量見込み 144,443m3/日

表50 工業用水関連指標の推移

区分\年度 昭和55年 平成7年 平成22年 7/55 22/7
工業出荷額 2,012億円 2,777億円 3,665億円 138.0% 132.0%
工業用水使用量 105,118千m3/年 109,065千m3/年 117,853千m3/年 103.8% 108.1%

回収量 68,423千m3/年 75,695千m3/年 84,053千m3/年 110.6% 111.0%
補給量 36,694千m3/年 33,370千m3/年 33,800千m3/年 90.9% 101.3%
1日当たり補給量 156,813m3/日 142,606m3/日 144,443m3/日 90.9% 101.3%
回収率 65.1% 69.4% 71.3% 106.6% 102.8%
使用量原単位 233.3m3/日/億円 167.8m3/日/億円 137.4m3/日/億円 75.1% 81.9%


(2)水供給の見通し
 平成22年時点における供給量見込みは、次のとおりです。
ア既存施設の供給能力
 今後新規の水源開発を要しないで供給できる平成7年時点の最大量を工業統計に基づき推計すると、日量156,800m3です。水源は、水源は、ほとんど地下水ですが、過去の実績から推計した塩水化等の地下水障害が拡大しない範囲での最大の供給余力を含めています。
イ新規ダムの供給能力
 上中町工業用水道の水源転換も含まれています。
河内川ダム 日量 1,600m3


表51 工業用水の供給見通し[給水量ベース] (単位:m3/日)
平成22年の供給量見込み
既存施設の供給能力 新規ダムの供給
156,800 1,600


(3)水需給の見通し
 平成22年では、供給量は需要量を上回る見込みです。
 このブロックの一部地域では、地下水の塩水化が発生しており、その区域は逐次減少の方向にあるものの、工業用水における地下水への依存割合が比較的高くなっているため、地下水障害を防止するためダムによる水源の転換を進めていく必要があります。

表52 工業用水の需給見通し[給水量ベース]
(1)需要
平成22年の需要量見込み
144,443

(2)供給 (単位:m3/日)
平成22年の供給量見込み
既存施設の供給能力 新規ダムの供給能力
156,800 1,600


前に戻る 次に進む topページへ