前に戻る 次に進む topページへ


3 農業用水

(1)水需要の見通し
 平成22年の水田面積は平成7年に比べ14.8%減少し、整備済水田面積も平成7年に比べ1.5%減の7,270haと見込みました。
 かんがい用水需要量は、毎年の雨量に影響されるものの3億m3前後で推移し、平成22年の農業用水全体の年間需要量は417,265千m3が見込まれます。

平成22年の年間需要量見込み 417,265千m3

表44 農業用水関連指標の推移

区分\年度 昭和55年 平成7年 平成22年 7/55 22/7
耕地面積 11,568ha 10,170ha 8,740ha 87.9% 85.9%

水田面積 10,870ha 9,574ha 8,160ha 88.1% 85.2%

整備済面積 6,590ha 7,383ha 7,270ha 112.0% 98.5%
未整備面積 4,280ha 2,191ha 890ha 51.2% 40.6%
畑地面積 698ha 596ha 580ha 85.4% 97.3%
乳用牛頭数 740頭 352頭 290頭 47.6% 82.4%
肉用牛頭数 232頭 432頭 510頭 186.2% 118.1%
豚頭数 3,037頭 3,311頭 8,570頭 109.0% 258.8%
鶏羽数 139千羽 88千羽 103千羽 63.3% 117.0%
農業用水需要量 507,426千m3/年 436,610千m3/年 417,265千m3/年 86.0% 95.6%

耕作地用水 507,317千m3/年 436,528千m3/年 417,130千m3/年 86.0% 95.6%

かんがい用水 330,890千m3/年 277,135千m3/年 278,477千m3/年 83.8% 100.5%
冬期用水 176,427千m3/年 159,393千m3/年 138,653千m3/年 90.3% 87.0%
畜産用水 109千m3/年 82千m3/年 135千m3/年 75.2% 164.6%


(2)水供給の見通し
 平成22年時点の農業用水の供給量見込みは、次のとおりです。
ア既存施設の供給能力
(ア)河川水
 平成7年の耕地面積や渇水年の有効雨量に基づき推計すると、平成7年時点の最大の供給可能量は458,556千m3となります。このうち、ため池による貯水量は1,881千m3です。ダムによる既存の開発分は、総ヶ谷ダムの年量212千m3です。
(イ)地下水
 他のブロックに比較して地下水の使用量が多く、県全体の66.9%に当たる12,808千m3です。
イ新規ダムの供給能
 ダムのよる新規の開発分は、桝谷ダムの年量16,200千m3です。

表45 農業用水の供給見通し[供給量ベース] (単位:千m3/年)
平成22年の供給量見込み
既存施設の供給能力 新規ダムの供給能力
471,364 16,200


(3)水需給の見通し
 農業用水は、新たなダムの整備もあるため河川水を主体とする供給量が需要量を上回る見込みです。
 しかし、近年の渇水時には日野川の水位低下による用水不足の傾向が強く認められており、水利用の効率化や安定化に向けた取り組みが必要です。

表46 農業用水の需給見通し[供給量ベース]
(1)需要
平成22年の需給量見込み
417,265

(2)供給 (単位:千m3/年)
平成22年の供給可能量
ダム 河川水その他
16,412 471,152 487,564,


前に戻る 次に進む topページへ