前に戻る 次に進む topページへ


第3節 南越ブロック

1 生活用水

(1)水需要の見通し
 このブロックは、県内有数の工業都市圏を形成し人口も順調な増加を続けてきましたが、今後も増加傾向は続くものの伸び率は低下する見込みであり、平成22年の人口は平成7年に比べて0.7%増の201,900人になると見込みました。
 平成22年の家庭用水の年間需要量は、水道普及率が県内で最も高い99.9%に達すると見込んだことにより、平成7年に比べ4.4%増の21,659千m3と見込まれます。
 平成22年の都市活動用水の年間需要量は、消雪用の水需要や、丹南地方拠点都市地域の整備、観光・レクリェーション施設の開発・整備などによる水需要の増加要因により、平成7年に比べ68.2%増の14,246千m3と見込まれます。
 平成22年の1日最大需要量は、平成7年に比べ8.4%増の138,548千m3が見込まれます。

平成22年の1日最大需要量見込み 138,548m3/日

表38 生活用水関連指標の推移

区分\年度 昭和55年 平成7年 平成22年 7/55 22/7
総人口 195,150人 200,400人 201,900人 102.7% 100.7%
給水人口 174,843人 197,615人 201,700人 113.0% 102.1%
水道普及率 89.6% 98.6% 99.9% 110.1% 101.3%
生活用水需要量 21,157千m3/年 29,207千m3/年 35,905千m3/年 138.0% 122.9%

家庭用水 13,906千m3/年 20,737千m3/年 21,659千m3/年 149.1% 104.4%
都市活動用水 7,251千m3/年 8,470千m3/年 14,246千m3/年 116.8% 168.2%
家庭用水の1人1日当り使用量 217.9l/日 287.5l/日 264.2l/日 131.9% 102.3%
1日最大需要量 88,323m3/日 127,864m3/日 138,548m3/日 144.8% 108.4%


(2)水供給の見通し
 平成22年時点における供給量見込みは、次のとおりです。
ア既存施設の供給能力
 平成7年度末時点における水道事業の供給能力は、日量131,300m3です。
 水源は、地下水が主体です。
イ新規ダムの供給能力
 需要の増加に対応するもののほかに、現在地下水で供給している量の一部をダムによる供給で置きかえる水源転換のための量が含まれています。
桝谷ダム 日量 51,900m3
ウその他の新規開発見込量
 市町村における既存の水道事業計画や今後の見込みに基づき推計すると、日量2,000m3の開発が見込まれますが、水源は地下水の開発によるものです。

表39 生活用水の供給見通し[給水量ベース] (単位:m3/日)
平成22年の供給量見込み
既存施設の供給能力 新規ダムの供給能力 その他の新規開発見込量
131,300 51,900 〜2,000


(3)水需給の見通し
 このブロックでは、積雪時の駐車場確保のための消雪用水など需要構造の変化を伴う需要量の増加が見込まれますが、新たなダムと地下水の開発により平成22年時点の供給量は需要量を上回る見込みです。一部の市町村では、新たなダムからの供給により水源転換も図られる見込みです。
 また、このブロックには表流水に依存している小規模水道が多いため、施設の統合等で対応する予定です。

表40 生活用水の需給見通し[給水量ベース]
(1)需要[1日最大需要量]
平成22年の需要量見込み
138,548

(2)供給 (単位:m3/日)
平成22年の供給量見込み
既存施設の供給能力 新規ダムの供給能力 その他の新規開発見込書
131,300 51,900 〜2,000


前に戻る 次に進む topページへ