前に戻る 次に進む topページへ


2 工業用水

(1)水需要の見通し
 このブロックは、主力産業である繊維産業を中心とした地域産業の活性化と、地域の特性を活かした新たな産業の導入や創出を図ることにより、平成22年の工業出荷額は平成7年に比べ36%増の1,935億円と見込みました。
 平成22年の工業用水の年間使用量は、全体の90%以上を占めている繊維など生活関連型の水使用量がわずかながら減少するため、平成7年に比べ17.4%増の14,090m3になると見込まれます。
 また、工業用水の補給量(使用量から回収量を除いたもの)は、回収率の大幅な上昇が予想されるため、平成7年に比べ6.5%減少すると見込まれます。このため、年間では10,465千m3、1日当たりでは、44,720m3と見込まれます。

平成22年の1日当たり補給量見込み 44,720m3/日

表32 工業用水関連指標の推移

区分\年度 昭和55年 平成7年 平成22年 7/55 22/7
工業出荷額 933億円 1,423億円 1,935億円 152.5% 136.0%
工業用水使用量 17,454千m3/年 12,001千m3/年 14,090千m3/年 68.8% 117.4%

回収量 1,861千m3/年 814千m3/年 3,625千m3/年 43.8% 445.2%
補給量 15,592千m3/年 11,187千m3/年 10,465千m3/年 71.7% 93.5%
1日当たり補給量 66,635m3/日 47,807m3/日 44,720m3/日 71.7% 93.5%
回収率 10.7% 6.8% 25.7% 63.6% 379.2%
使用量原単位 79.9m3/日/億円 36.0m3/日/億円 31.1m3/日/億円 45.1% 86.4%


(2)水供給の見通し
 平成22年時点における供給量見込みは、次のとおりです。
ア既存施設の供給能力
 今後新規の水源開発を要しないで供給できる平成7年時点の最大量を工業統計に基づき推計すると、日量57,900m3です。
 水源はほとんど地下水ですが、大野市では地下水の水位低下を抑制するため、工場への水量計や節水型機器の設置に市単独の補助制度を設けて取り組んでいる状況であり、過度の依存はできません。
イ新規ダムの供給能力
 平成22年までに完成するダム計画はありません。

表33 工業用水の供給見通し[給水量ベース] (単位:m3/日)
平成22年の供給量見込み
既存施設の供給能力 新規ダムの供給
57,900 0


(3)水需給の見通し
 このブロックでは、主力産業である生活関連型産業での回収率の向上や節水機器の導入が見込まれ、補給量全体では減少する見込みです。また、工場の新規立地や整備増強など新たな需要については地下水を主体とする供給により対応できる 見込みです。
 当面は、地下水以外の水源は 見当たらないため、節水機器の導入等を更に推進していくとともに、長期的、には河川水による水源開発を検討していく必要があります。

表34 工業用水の需給見通し[給水量ベース]
(1)需要
平成22年の需要量見込み
44,720

(2)供給 (単位:m3/日)
平成22年の供給量見込み
既存施設の供給能力 新規ダムの供給能力
57,900 0


前に戻る 次に進む topページへ