前に戻る 次に進む topページへ


3 農業用水

(1)水需要の見通し
 平成22年の水田面積は平成7年に比べ7.1%減少しますが、整備済水田面積は平成7年に比べ11.5%増の14,940haと見込んでいます。
 かんがい用水需要量は、毎年の雨量に影響されるものの6億m3前後で推移し、平成22年の農業用水全体の年間需要量は887,980千m3が見込まれます。

平成22年の年間需要量見込み 887,980千m3

表26 農業用水関連指標の推移

区分\年度 昭和55年 平成7年 平成22年 7/55 22/7
耕地面積 22,386ha 20,194ha 18,920ha 90.2% 93.7%

水田面積 20,112ha 18,045ha 16,760ha 89.7% 92.9%

整備済面積 12,667ha 13,401ha 14,940ha 105.8% 111.5%
未整備面積 7,455ha 4,644ha 1,820ha 62.3% 39.2%
畑地面積 2,274ha 2,149ha 2,160ha 94.5% 100.5%
乳用牛頭数 1,311頭 902頭 1,140頭 68.8% 126.4%
肉用牛頭数 3,591頭 3,586頭 6,700頭 99.9% 186.8%
豚頭数 7,096頭 3,358頭 2,430頭 47.3% 72.4%
鶏羽数 1,060千羽 711千羽 1,495千羽 67.1% 210.2%
農業用水需要量 935,902千m3/年 853,615千m3/年 887,980千m3/年 91.2% 104.0%

耕作地用水 935,344千m3/年 853,233千m3/年 887,260千m3/年 91.2% 104.0%

かんがい用水 603,739千m3/年 550,165千m3/年 598,705千m3/年 91.1% 108.8%
冬期用水 331,605千m3/年 303,068千m3/年 288,555千m3/年 91.4% 95.2%
畜産用水 558千m3/年 382千m3/年 720千m3/年 68.5% 188.5%


(2)水供給の見通し
 平成22年時点の農業用水の供給量見込みは、次のとおりです。
ア既存施設の供給能力
(ア)河川水
 平成7年の耕地面積や渇水年の有効雨量に基づき推計すると、平成7年時点の最大の供給可能量は906,998千m3となります。このうち、ため池による貯水量は1,589千m3です。
(イ)地下水
 地下水の使用量は3,603千m3
イ新規ダムの供給能力
 平成22年までに完成するダム開発計画はありません。

表27 農業用水の供給見通し[供給量ベース] (単位:千m3/年)
平成22年の供給量見込み
既存施設の供給能力 新規ダムの供給能力
910,418 0


(3)水需要の見通し
 農業用水は、河川水を主体とする供給量が需要量を上回る見込みです。
 しかし、近年の夏季の渇水期には足羽川では水量が不足する傾向が見られ、水利用の効率化や安定化に向けた取り組みが必要です。
 また、日野川下流の塩水遡上については、現在調査を行っているところです。

表28 農業用水の需給見通し[供給量ベース]
(1)需要
平成22年の需給量見込み
887,980

(2)供給 (単位:千m3/年)
平成22年の供給可能量
ダム 河川水その他
0 910,418 910,418


前に戻る 次に進む topページへ