前に戻る 次に進む topページへ


第3節 農業用水

1 水需要の見通し

〔かんがい用水の見込み〕
・かんがい用水の需要量の推計は、河川などから直接取水した量でとらえるため、毎年の有効雨水が大きく影響します。
・このため、降水量の多かった平成7年は1,220,971千m3、渇水年の雨量で推計した平成22年は1,302,127千m3であり、概ね12〜13億m3前後で推移すると見込まれます。

〔畜産用水の見込み〕
・畜産用水の需要量は、平成7年は607千m3でしたが、飼養頭数の増加により、平成22年は1,000千m3になると見込まれます。

〔農業用水の年間需要量の見込み〕
・農業用水の年間需要量は、平成7年が1,900,982千m3、平成22年は1,932,122千m3であり、ほぼ横ばいの見込みです。

平成22年の年間需要量見込み 1,932,122千m3/年

表14 農業用水関連指標の推移

区分\年度 昭和55年 平成7年 平成22年 7/55 22/7
耕地面積 49,992ha 44,568ha 40,700ha 89.2% 91.3%

水田面積 45,605ha 40,562ha 36,700ha 88.9% 90.5%

整備済面積 26,873ha 30,648ha 32,700ha 114.0% 106.7%
未整備面積 18,732ha 9,914ha 4,000ha 52.9% 40.3%
畑地面積 4,387ha 4,006ha 4,000ha 91.3% 99.9%
乳用牛頭数 4,483頭 2,725頭 3,100頭 60.8% 113.8%
肉用牛頭数 5,183頭 5,253頭 9,400頭 101.4% 178.9%
豚頭数 12,129頭 6,669頭 11,000頭 55.0% 164.9%
鶏羽数 1,485千羽 989千羽 1,732千羽 66.6% 175.1%
農業用水需要量 2,112,789千m3/年 1,900,982千m3/年 1,932,122千m3/年 90.0% 101.6%

耕作地用水 2,111,888千m3/年 1,900,375千m3/年 1,931,122千m3/年 90.0% 101.6%

かんがい用水 1,367,894千m3/年 1,220,971千m3/年 1,302,127千m3/年 89.3% 106.6%
冬期用水 743,994千m3/年 679,404千m3/年 628,995千m3/年 91.3% 92.6%
畜産用水 901千m3/年 607千m3/年 1,000千m3/年 67.4% 164.7%


前に戻る 次に進む topページへ