前に戻る 次に進む topページへ


2 水供給の見通し

 平成22年時点における供給量見込みは、次のとおりです。

〔既存施設の供給能力〕
・今後新規の開発を要しないで供給できる平成7年時点の最大の供給能力を工業統計に基づき推計すると、日量572,700m3です。この中には、既存の工業用水道と地下水の供給余力を含めています。地下水については、過去の実績から現在沈静化している地盤沈下が再発しない範囲での最大量を見込んでいます。

〔新規ダムの供給の能力〕
 建設中の3つのダムによる開発量は、日量32,600m3です。
 この中には、需要の増加に対応するもののほかに、現在地下水で供給している量の一部をダムによる供給で置き換える水源転換のための量が見込まれています。

桝谷ダム 南越 日量 22,700m3
吉野瀬川ダム 南越 日量 8,300m3
河内川ダム 嶺南 日量 1,600m3
32,600m3

表12 工業用水の供給見通し[給水量ベース] (単位:m3/日)
平成22年の供給量見込み
既存施設の供給能力 新規ダムの供給能力
572,700 32,600


前に戻る 次に進む topページへ