前に戻る 次に進む topページへ


3 農業用水

〔農業用水の推計方法〕
(1)推計式 農業用水量=[1]+[2]+[3]+[4]
[1]水田かんがい用水
  用水量=整備済面積×(減水深×かんがい日数+しろかき減水深−有効雨量)÷かんがい効率+未整備面積×(減水深×かんがい日数+しろかき減水深−有効雨量)−かんがい効率
[2]畑地かんがい用水
  用水量=畑地面積×(日消費量×かんがい日数−有効雨量)÷かんがい効率
[3]冬期雨水
  水田=水田面積×減水深×冬期流量割合×(365日−かんがい日数)÷かんがい効率
  畑地=畑地面積×日消費水量×冬期流量割合×(365日−かんがい日数)÷かんがい効率
[4]畜産用水
  用水量=畜産飼養頭羽数×日消費水量×365日

(2)各要素の算出方法
・農地面積
  県全体と圏域別の面積は、県新長期構想等による目標値
・整備済面積
  県新長期構想等の目標値と過去の実績値をもとに圏域別に推計
・畜産飼養頭羽数
  県新長期構想等の目標値と過去の実績値をもとに圏域別に推計
・かんがい日数・かんがい効率、冬期流量割合
  本県の実態をもとにした数値
・減水深、畑値・畜産用水の日消費量
  国土庁の推計、土地改良事業計画等で使用されている数値
・有効雨水
  昭和50年〜平成6年の間の10年に1回程度発生する渇水年(昭和62年)の圏域別の数値

(3)その他
・年間のみ試算しました。


前に戻る 次に進む topページへ