前に戻る 次に進む topページへ


〔2〕降水量の概要

1 降水量

 本県の年平均降水量は、平水年で2,521o/年と全国平均の1,714o/年を大きく上回っています。
 これを圏域別にみると、県の南部と比べると中部から北部にかけて降水量が多く、その中でも奥越の位置する内陸部に降水量が多い状況となっています。
 一方、本県の総降水量は、平水年で約105億m3/年、渇水年で約86億m3/年です。これを人口1人当たり平水年総降水量でみると約13,000m3/年・人であり、全国平均の約5,200m3/年・人に対して、約2.5倍もの豊かな降水量を保持しています。

表2 降水量の概要

ブロック名 平水年 渇水年
降水量
(o/年)
総降水量
(億m3/年)
降水量
(o/年)
総降水量
(億m3/年)
福井・坂井 2,453 27.2 1,935 21.5
奥越 2,767 31.0 2,284 25.6
南越 2,566 21.4 2,042 17.1
嶺南 2,302 25.3 1,950 21.5
県計 2,521 104.9 2,056 85.7

(注)
(1)昭和51年から平成7年までの県内の雨量観測所データによる。
(2)平水年:計測期間内の通年平均(昭和51年〜平成7年)
(3)渇水年:10年に1回程度発生する降水量の小なる年(昭和62年)。
(4)全国平均の1,714o/年、約5,200m3/年・人は、国土庁の平成9年度水資源白書の数値。



前に戻る 次に進む topページへ