前に戻る 次に進む topページへ


2 計画の基本目標

 地球上の水は、雨が地上に降りそそぎ、川や地下水の流れとなって流域を潤し、海に下り蒸発して雲をつくり、再び雨となって地上に降りそそぐという循環を繰り返しています。
 この循環を通じて、水は生命を育み多様な生態系を維持し、豊かな自然環境や美しい自然景観を形成するとともに、生活、文化、産業、社会の諸活動を支える基本的な資源として、社会の発展に大きく寄与しています。
 近年、生活水準が向上し、社会経済の高度化が進む中、心の豊かさや安らぎ、生活の潤いが求められてきており、良好な水環境の保全と創造が特に重要となっています。
 このようなことから、水資源についても従来からの経済的資源としての機能に加え、水か持つ多面的な機能を活かして、その開発と利用と保全において環境と調和のとれた水利用システムの形成に取り組むことが大切となっています。
 このため、今回策定する水資源計画は、循環資源としての水資源の特性に十分考慮し、水資源の安定的確保に加え、健全な水循環の形成、豊かな水環境の保全などの施策も考慮に入れながら、資源利用と環境保全の両面が調和した循環型水利用社会の構築をめざすものです。


前に戻る 次に進む topページへ