福井県越前三国オートキャンプ場の設置および管理に関する条例
平成9年3月21日
福井県条例第1号

 福井県越前三国オートキャンプ場の設置および管理に関する条例を公布する。

    福井県越前三国オートキャンプ場の設置および管理に関する条例

 (設置)
第1条 ふるさとの美しい自然環境の中で豊かな自然と触れ合うことのできる場を県民に提供し、もって県民のゆとりある生活の現実に寄与するため、福井県越前三国オートキャンプ場(以下「オートキャンプ場」という。)を設置する。
2 オートキャンプ場は、オートキャンプサイトおよび展望広場、その他の施設で構成する。

 (位置)
第2条 オートキャンプ場は、坂井郡三国町に置く。

 (業務)
第3条 オートキャンプ場は、次に掲げる業務を行う。
  オートキャンプその他の野外レクリエーション活動を行うために必要な施設および設備の提供
  オートキャンプその他の野外レクリエーション活動に関する情報の提供
  前2号に掲げるもののほか、オートキャンプ場の設置の目的にふさわしい業務

 (管理の委託)
第4条 地方自治法(昭和22年法律第67号)第244条の2第3項の規定に基づき、オートキャンプ場の管理を財団法人国民休暇村協会(以下「協会」という。)に委託する。ただし、オートキャンプ場の施設のうち展望広場については、その管理を三国町に委託する。

 (利用の承諾)
第5条 別表に掲げる施設または設備(以下「有料施設等」という。)を利用しようとする者は、協会の承諾を受けなければならない。
2 前項の場合において、協会は、正当な理由なくして当該有料施設等の利用を拒んではならない。

 (利用料金)
第6条 有料施設等を利用する者は、その利用に係る料金(以下「利用料金」という。)を協会に納付しなければならない。
2 利用料金の額は、別表の下欄に定める限度額を超えない範囲内で協会が定める額とする。この場合において、協会は、あらかじめ当該利用料金の額について知事の承諾を受けなければならない。
3 協会は、利用料金をその収入として収受するものとする。

 (利用料金の不還付)
第7条 協会が既に収入として収受した利用料金は、還付しないものとする。ただし、災害その他不可抗力により利用することができなくなったことその他やむをえない事情があると協会が認めるときは、この限りでない。

 (利用料金の免除)
第8条 協会は、公用または公共用のために有料施設等を利用する場合で特に必要があると認めるときは、利用料金の全部または一部を免除することができる。

 (行為の制限)
第9条 オートキャンプ場において物品等の販売、寄附金の募集、業として行う写真または映画の撮影その他これらに類する行為をしようとする者は、規則で定めるところにより、知事の許可を受けなければならない。

 (禁止行為)
第10条 オートキャンプ場においては、次に掲げる行為をしてはならない。
 @ 設置目的以外の目的で行う集会、展示会その他これらに類する行為
 A 秩序または風俗を乱す行為
 B 施設または設備を損傷する行為
 C 竹木を伐採し、もしくは植物を採取し、またはこれらを損傷する行為
 D 鳥獣類を捕獲し、または殺傷する行為
 E 指定された場所以外の場所に汚物または廃物を捨て、または放置する行為
 F 指定された場所以外の場所で火気を使用する行為
 G 立入禁止区域に立ち入る行為
 H 指定された場所以外の場所に車両を乗り入れ、または駐車する行為

 (監督処分)
第11条 知事は、次の各号のいずれかに該当する者に対し、第5条第1項の承諾もしくは第9条の許可を取り消し、その効力を停止し、もしくはその条件を変更し、またはその行為の中止、施設もしくは設備の原状への回復、オートキャンプ場からの撤去その他必要な措置を命ずることができる。
 @ この条例またはこの条例に基づく規制の規定に違反している者
 A 第5条第1項の承諾または第9場の許可に際し付された条件に違反している者
 B 偽りその他不正な手段により第5条第1項の承諾または第9条の許可を受けた者

 (規則への委任)
第12条 この条例の施行に関し必要な事項は、規則で定める。
   附 則
 この条例は、平成9年7月1日から施行する。

別表(第5条関係)

区      分 単  位 限 度 額
施 設 オートキャンプサイト 一区画一泊につき 9,000円
設 備 シャワー 1回につき 100円