福井県自然保護センターの管理運営に関する規則
平成2年3月27日
福井県規則第4号

改正平成3年4月1日規則第19号

 福井県自然保護センターの管理運営に関する規則を公布する。

    福井県自然保護センターの管理運営に関する規則

 (趣旨)
第1条 この規則は、福井県自然保護センターの設置および管理に関する条例(平成2年福井県条例第4号。以下「条例」という。)第8条の規定に基づき、福井県自然保護センター(以下「センター」という。)の管理および運営に関し必要な事項を定めるものとする。

 (開館時間および入館時間)
第2条 センターの本館の開館時間は、午前9時から午後5時までとする。ただし、入館時間は、午後4時30分までとする。
2 センターの観察棟の開館時間は、午前9時から午後9時30分までとする。ただし日曜日の開館時間は、午前9時から午後5時までとする。
3 福井県自然保護センター所長(以下「センター所長」という。)は、必要があると認めるときは、前2項の開館時間および入館時間を変更することができる。

 (休館日)
第3条 センターの休館日は、次に掲げるとおりとする。ただし、センター所長は、必要があると認めるときは、これを変更することができる。
 @ 毎週月曜日
 A 国民の休日に関する法律(昭和23年法律第178号)第2条に規定する国民の祝日
 B 1月2日から同月4日までおよび12月28日から同月31日まで

 (入館の拒否)
第4条 センター所長は、センターに入館しようとする者が次の各号のいずれかに該当するときは、入館を拒否することができる。
 @ 他人に危害を加え、または迷惑を及ぼすおそれがあるとき。
 A 施設または展示品を損傷するおそれのあるとき。
 B 前2号に掲げるもののほか、センターの管理上支障があると認められる行為をするおそれのあるとき。

 (入館者の遵守事項)
第5条 センターに入館した者(以下「入館者」という。)は次に掲げる事項を守らなければならない。
 @ 展示品(特に指定した展示品を除く。)に触れないこと。
 A 展示品の近くで、インキ、墨等を使用しないこと。
 B 承認を受けないで展示品の構造、模写または撮影をしないこと。
 C 特定の場所以外で喫煙または飲食をしないこと。
 D 他人に危害を及ぼし、または迷惑となる行為をしないこと。
 E その他係員の指示に従うこと。
2 センター所長は、入館者が前項の規定に違反したときは、その者に対して退館を命じ、または必要な措置をとることができる。

 (施設等の使用の承認)
第6条 条例第5条の規定により、センターの施設または設備の使用の承認を受けようとする者は、福井県自然保護センター使用承認申請書(様式第1号)をセンター所長に提出しなければならない。
2 センター所長は、前項の申請に対し、使用を承認したときは、福井自然保護センター使用承認書(様式第2号)を交付する。

 (使用者の遵守事項)
第7条 センターの施設または設備を使用する者(以下「使用者」という。)は、次に掲げる事項を守らなければならない。
 @ 承認を受けた使用内容を変更しないこと。
 A センターの施設または設備をき損し、または汚損しないこと。
 B 使用の承認を受けた施設もしくは設備を転貸し、または当該承認に基づく権利を譲渡しないこと。
 C 館内の秩序または風俗を乱す行為をしないこと。
 D 承認を受けないで作品、物品等の販売、寄附金の募集、立看板の展示その他これらに類する行為をしないこと。
 E 前各号に掲げるもののほか、センターの管理上支障がある行為をしないこと。
2 センター所長は、使用者が前項の規定に違反したときは、センターの使用の承認を取り消すことができる。
3 使用者は、センターの施設または設備の使用を終了したときは、原状に回復しなければならない。

 (使用料の還付)
第8条 条例第6条第2項ただし書の規定により、次の各号のいずれかに該当する場合には、使用料を還付することができる。
 @ 災害その他不可抗力により、施設または設備の使用ができなくなったとき。
 A その他センター所長がやむを得ない事由があると認めるとき。
2 使用料の還付を受けようとする者は、福井県自然保護センター使用料還付申請書(様式第3号)に領収書または福井県自然保護センター使用承認書を添えてセンター所長に提出しなければならない。

 (使用料の減免)
第9条 条例第7条の規定により、使用料を減免することができる場合およびその減免の額は、次に掲げるとおりとする。
 @ 県、県内の市町村または県内の小学校、中学校、高等学校、盲学校、ろう学校もしくは養護学校が主催する県民のための自然教育、自然保護等に関する事業に使用するとき、使用料に相当する額
 A その他センター所長が特に必要があると認めるとき、センター所長が必要と認める額
2 前項の規定により使用料の減免を受けようとする者は、福井県自然保護センター使用料減免申請書(様式第4号)をセンター所長に提出しなければならない。
3 センター所長は、前項の申請に対し、減免を承認したときは、福井県自然保護センター使用料減免承認書(様式第5号)を交付する。

 (施設等の損傷または減失の届出)
第10条 入館者および使用者は、センターの施設、設備等を損傷し、または減失したときは、遅滞なくその旨をセンター所長に届け出て、その指示に従わなければならない。

 (その他)
第11条 この規則で定めるもののほか、センターの管理および運営に関し必要な事項は、知事が別に定める。
   附 則
 この規則は、平成2年4月1日から施行する。
   附 則(平成3年規則第19号)
(施行期日)
1 この規則は、公布の日から施行する。
(様式に関する経営措置)
2 この規則による改正前の様式に基づいて作成した用紙は、当分の間、所要の調整をして使用することができる。 


様式第1号(第6条関係)(平3規則19・一部改正)


年  月  日

  福井県自然保護センター所長殿

申請者  住所
氏名
法人にあっては、その主たる事務所
の所在地、名称および代表者の氏名

福井県自然保護センター使用承認申請書

 福井県自然保護センターの施設(設備)を使用したいので、次のとおり申請します。

事   業   名
 主 催 者 名   所 在 地 
電 話
名 称
 代 表 者 
使 用 施 設
(設   備)

 使 用 の 概 略  事業の概要
有     無 (料金          円)
入場料微収
の  有  無   
 推定人数
  入 員 数
 設置する
 造 作 物
使 用 期 間       年     月     日     時     分から
      年     月     日     時     分まで


様式第2号(第6条関係)


第      号
年  月  日

                     殿

福井県自然保護センター所長  印

福井県自然保護センター使用承認書

    年   月   日付けで申請のあった福井県自然保護センターの施設(設備)の使用については、次のとおり承認します。

事  業  名
使  用  施  設
(設  備)

使  用  期  間       年     月     日     時     分から
      年     月     日     時     分まで
使 用 条 件 等
使  用  料



様式第3号(第8条関係)


年  月  日

    福井県自然保護センター所長殿

申請書 住所
氏名
法人にあっては、その主たる事務所
の所在地、名称および代表者の氏名

福井県自然保護センター使用料還付申請書

 福井県自然保護センターの設置および管理に関する条例第6条第2項ただし書の規定により、次のとおり使用料を還付してくださるよう申請します。

還 付 申 請 の
理      由

事   業   名
使 用 施 設
(設 備)

使 用 期 間       年     月     日     時     分から
      年     月     日     時     分まで
使 用 承 認
年  月  日
      年     月     日     第     号
既納使用料およ
び納入年月日
円 (   年   月   日納入)


様式第4号 (第9条関係)


年  月  日

   福井県自然保護センター所長 殿

申請書 住所
氏名
法人にあっては、その主たる事務所
の所在地、名称および代表者の氏名

福井県自然保護センター使用料減免申請書

 福井県自然保護センターの設置および管理に関する条例第7条の規定により、次のとおり使用料の全部(一部)を免除してくださるよう申請します。

減 免 申 請 の
理      由

事   業   名
使 用 施 設
(設 備)

使 用 時 間       年     月     日     時     分から
      年     月     日     時     分まで
減免を受けよう
と す る 額






様式第5号(第9条関係)


第      号
年  月  日

                     殿

福井県自然保護センター所長  印


福井県自然保護センター使用料減免承認書


    年   月   日付けで申請のあった福井県自然保護センターの使用料の減免については、次のとおり承認します。

事   業   名
使  用  施  設
(設  備)

使  用  期  間       年     月     日     時     分から
      年     月     日     時     分まで
減 免 の 額