平成9年版 環境白書(福井県)







はじめに 【目次】 第1部 今日の環境問題と環境行政の展開   第1節 環境問題の動向・・・・1    1 変化する環境問題・・・・1    2 深まらない環境保全意識・・・・1    3 進めなければならない社会経済システムの変革・・・・2    4 新たな環境汚染物質・・・・3   第2節 本県環境行政の動き・・・・4    1 国における環境行政の展開・・・・4    2 本県の環境行政の動き・・・・4   第3節 課題と方向・・・・8    1 有害物質による環境汚染の未然防止・・・・8    2 廃棄物・リサイクル対策の推進・・・・9    3 地球環境問題に対する取組み・・・・9    4 質の高い環境の創造・・・・10    5 環境の保全と創造をめざした参加型社会づくり・・・・10 第2部 環境の現況  概 況・・・・11   第1節 自然条件・・・・11    1 位置・・・・11    2 地形・・・・11    3 気候・・・・11   第2節 社会条件・・・・12    1 人口・・・・12    2 経済・・・・12    3 土地利用・・・・12  第1章 大気環境・・・・13   第1節 大気汚染の概況・・・・13   第2節 大気汚染物質別の状況・・・・14   第3節 大気汚染発生源の状況・・・・19  第2章 水環境・・・・21   第1節 公共用水域の水質汚濁・・・・21    1 水質汚濁の概況・・・・21    2 水質汚濁の現況・・・・23   第2節 地下水汚染・・・・30    1 地下水の特性・・・・30    2 地下水汚染に関する法整備・・・・30    3 監視体制・・・・31    4 県内における地下水汚染の状況・・・・32    5 地下水汚染対策・・・・32  第3章 騒音・振動・悪臭・・・・33   第1節 騒音・・・・33   第2節 振動・・・・34   第3節 悪臭・・・・35  第4章 地盤環境・・・・36   第1節 地盤沈下・・・・36    1 地盤沈下の概況・・・・36    2 水準測量による地盤沈下の変動状況・・・・36    3 観測井による地下水位および 地盤沈下の変動状況・・・・37   第2節 土壌汚染・・・・38    1 農用地土壌汚染・・・・38    2 一般土壌汚染・・・・38  第5章 廃棄物・・・・40   第1節 一般廃棄物・・・・40    1 ごみ処理の状況・・・・40    2 し尿処理の収集および処理状況・・・・41   第2節 産業廃棄物・・・・43    1 県内発生状況・・・・43    2 処理処分状況・・・・44    3 広域移動状況・・・・46    4 産業廃棄物処理業の状況・・・・46    5 産業廃棄物処理施設の状況・・・・47  第6章 自然環境・・・・48   第1節 自然環境保全地域・・・・48   第2節 自然公園・・・・48   第3節 野生鳥獣・・・・49  第7章 都市環境・・・・51   第1節 景観・・・・51   第2節 都市公園・・・・53  第8章 地球環境問題・・・・54   第1節 地球環境問題の概要・・・・54   第2節 オゾン層の破壊・・・・54   第3節 地球の温暖化・・・・54   第4節 酸性雨・・・・55  第9章 日本海重油流出事故の影響・・・・56  第10章 環境に対する県民の意識・・・・57 第3部 環境施策の総合的・計画的推進  第1章 健康で文化的な生活を営むことができる環境の実現・・・・62   第1節 大気環境の保全・・・・62    1 固定発生源対策・・・・62    2 移動発生源対策・・・・65    3 大気汚染状況の監視・・・・66   第2節 水環境の保全・・・・70    1 産業系排水対策・・・・70    2 生活系排水対策・・・・77    3 閉鎖性水域の水質保全・・・・79    4 水質浄化能力の維持・回復・・・・82    5 水資源の維持・・・・83    6 水質異常時対策・・・・83   第3節 土壌・地盤環境の保全85    1 安全な土壌の確保と地下水の保全・・・・85    2 地盤環境の確保・・・・87   第4節 有害化学物質対策・・・・90    1 排出抑制対策・・・・90    2 調査・研究の充実・・・・93   第5節 騒音・振動・悪臭の防止・・・・96    1 騒音・振動防止対策・・・・96    2 悪臭対策・・・・98   第6節 廃棄物・リサイクル対策・・・・100    1 廃棄物の減量化・再資源化・・・・100    2 廃棄物の適正処理・・・・101    3 廃棄物の適正管理・・・・102   第7節 災害時・緊急時における環境保全対策(日本海重油流出事故)・・・・103  第2章 自然と共に生きることができる環境の実現・・・・105   第1節 生物の多様性の確保・・・・105   第2節 多様な自然環境の保全と回復・・・・108    1 貴重な自然の保全・・・・108    2 森林資源の保全・整備・・・・109    3 農村環境の保全・・・・110    4 水辺環境の保全・・・・110   第3節 自然とふれあえる場の確保・・・・112    1 自然公園等の整備・・・・112    2 森林や水辺等とのふれあい・・・・113  第3章 快適な日常が実感できる環境の実現・・・・118   第1節 潤いとやすらぎのある環境の形成・・・・118    1 ゆとりある空間の確保・・・・118    2 緑豊かなまちづくり・・・・119   第2節 良好な景観の形成・・・・122    1 美しい親しみやすい景観の形成・・・・122    2 環境美化意識の醸成・・・・124   第3節 歴史的文化的環境の形成・・・・125   第4節 土地利用の適正化・・・・125  第4章 地球環境保全への貢献・・・・130   第1節 地球環境問題への取組み・・・・130    1 地球温暖化の防止・・・・130    2 オゾン層の保護・・・・136    3 酸性雨対策・・・・137    4 その他の地球環境問題に対する取組み・・・・139   第2節 国際環境協力・・・・139   第3節 循環型社会づくり・・・・140    1 リサイクルの促進・・・・140    2 省資源・省エネルギー・・・・140  第5章 環境の保全と創造をめざした参加型社会の基盤づくり・・・・143   第1節 自主的な活動の推進・・・・143    1 環境教育・学習の推進143    2 自発的な活動の支援・・・・149    3 環境情報の提供・・・・151   第2節 環境配慮のための基盤づくり・・・・152    1 環境影響評価・・・・152    2 公害防止協定・・・・159    3 経済的手法の活用・・・・159   第3節 調査・研究の推進・・・・162 資料編 1 年表・・・・165 2 環境保全関係組織・・・・181 3 大気関係資料・・・・189 4 水質関係資料(その1)・・・・222   水質関係資料(その2)・・・・284     5 騒音・振動・悪臭、地盤沈下、廃棄物関係資料・・・・284 6 総合的施策に関する資料・・・・308 7 環境用語の解説・・・・318 【別紙】    P189−190:表3−1 大気汚染常時監視監測局の整備状況    P193−194:表3−4 一般観測局における一酸化窒素、二酸化窒素および窒素酸化物の測定結果(8年度)    P195−196:表3−5 自動車排出ガス観測局における窒素酸化物の測定結果(8年度)    P233−234:表4−5 公共用水域水質測定計画に基づく水域別測定項目一覧表(平成8年度)    P267−268:表4−52 上乗せ排水基準設定状況(平成9年3月現在)


ERC.PREF.FUKUI.JP