福井県

下痢のときの食べ物

乳児
母乳の場合

@下痢のひどいとき
 母乳はそのまま続けてかまいません。
 授乳を短時間で切りあげて、回数を多く。

A下痢がよくなってきたら
 いつものとおり、ほしがるだけ飲ませてください。

ミルクの場合

@下痢のひどいとき
 ミルクを少量ずつ、回数を多く、または乳糖を含まないラクトレス、ボンラクトなどの下痢治療乳が指示されます。

A下痢がよくなってきたら
 ミルクをもとの量に戻してください。

離乳食を食べていた子の場合

@下痢のひどいとき
 母乳、ミルク、下痢治療乳、アクアライト、野菜スープやみそ汁のうわずみ、リンゴのすりおろし汁。

A下痢がよくなってきたら
 豆腐、パンがゆ、おかゆ、ベビーせんべい、ウエハース、にんじんやかぼちゃの煮つぶし、煮込みうどん、白身魚の煮付け、など。(ただし便の様子をみながら慎重に)

冷たいもの、油っこいものは避けましょう。


幼児
水分を十分おぎなう

@水分補給が一番大切です。水分を多く飲むから水っぽい便になるのではありません。下痢で水分が失われるので水分を飲ませる必要があるのです。
A栄養のことはあまり気にしないで、食欲がないときに無理に食べさせる必要はありません。食欲があっても、むしろひかえめにして、腸を休ませてあげましょう。

何を食べるか、便と相談

・便が水のようなときは水分を中心に
・便がドロドロならドロドロの食べ物を
・便がやわらかい程度ならやわらかい食べ物を

<水のような便のとき>
アクアライト、野菜スープ、みそ汁、おもゆ、リンゴのすりおろし

<ドロドロの便のとき>
豆腐、パンがゆ、ベビーせんべい、ウエハース、バナナの裏ごし、にんじんやかぼちゃの煮つぶし

<やわらかい便のとき>

おかゆ、うどん、白身魚の煮付け、卵、とりささ身、野菜の煮付け

冷たいもの、油っこいものは避けましょう。




参考・引用文献:日本外来小児科学研究会
           「お母さんに伝えたい子供の病気ホームケアガイド」