福井県

ウイルス性胃腸炎(嘔吐下痢症)

ウイルス性胃腸炎 とは
ロタウイルスや小型球形ウイルス、アデノウイルスなどによる、うつる病気です。突然吐き始め、続いて水のような下痢(レモン色〜白色)になります。熱が出ることもあります。だいたい一週間くらいでよくなります。
◆治療

薬も処方されますが、家庭での食事療法が一番大切です。吐き続けるときや脱水が強いときは、点滴や入院が必要になることもあります。


家庭で気をつけること
@吐いたら飲ませない 吐き気が強いあいだは、しばらくは何も飲ませないほうがよいでしょう。
Aまずは水分から 吐き気がおちついてきたら水分を少しずつ飲ませましょう。(アクアライト、ソリタ顆粒、野菜スープ、うすめたリンゴ果汁など)
B下痢だけになったら 便の様子をみながら少しずつ消化のよい食べ物を与えていきます。→下痢のときの食べ物


◆こんなときは早めに診察を
@病院から戻ってからも吐き続けるとき
A元気がなく、顔色がわるいとき
B唇が乾いて、おしっこが少ないとき

◆次に受診するまでに

家庭で飲んだ水分の量、下痢や吐いた回数などをくわしくメモしておきましょう。





参考・引用文献:日本外来小児科学研究会
           「お母さんに伝えたい子供の病気ホームケアガイド」