福井県

子どもの予防接種

 予防接種は、健康な子どもが体の調子のよい時に受けるのが前提です。保護者は日ごろから子どもの体質、体の調子や健康状態に心がけておき、予防接種を受けにいく前に、気になる様子がある場合は、かかりつけ医(主治医)にあらかじめ相談するなどしておきましょう。
 子供が生まれて、最初に受ける予防接種はBCG、ついでポリオ百日咳ジフテリア破傷風混合ワクチン(DPTワクチン)麻疹風疹日本脳炎の各ワクチンで、大体この順で行われています。


予防接種を受けにいく時の注意
  • 子供の健康状態をよく知っている保護者がつれていくようにしましょう。
  • 家で熱を測っていきましょう。
  • 必ず「予防接種と子どもの健康」(厚生労働省発行の小冊子)などを読み、よく理解してから予診票に健康状態を記入しましょう。
  • 母子手帳を必ずもっていきましょう。
  • 前日には入浴させて、清潔な衣服を着せていきましょう。
  • 予防接種に関係のない子は連れていかないようにしましょう。たとえば、麻疹や水痘の治りかけの子どもを連れていって、他の子にうつしたりすることがないようにしましょう。


予 診

 予防接種を行う医師は、予防接種をしても問題ないかを予診票に沿って、問診、聴診・打診、体温の測定などを行います。接種をしてよいと医師が判断した場合はその医師が予診票に署名をします。
 保護者は、予診の結果など医師の説明をよく聞いて、説明が理解できた時に予診票に署名(インフォームドコンセント)をしてから子どもに予防接種を受けさせてください。

予診票

 予診票の内容は、熱はないか、何か病気にかかっていないか、あるいは前にかかったことがないか、薬などのアレルギーはないか、けいれんやひきつけを起こしたことがないか、発育の遅れはないか、以前の予防接種で具合が悪くなったことがないかなどが主なものです。
 予診票は、予防接種をしてもよいかを医師が判断するうえで大切なことがらですので、あらかじめ家で体温を測ったり、母子手帳と照らし合わせて正確に記入しましょう。
 わからないことや、疑問な点は予診票の余白に書き込んでおき、当日医師に相談するか、前もってかかりつけ医や、市町村担当者に相談しましょう。
 なお、当面学校で行う予防接種の予診票には保護者の署名の欄はありません。またこの場合は、保護者が医師と相談して接種するということはできませんので、予診票の余白を使って、心配なこと、気になることをできるだけ書いておきましょう。


予防接種を受けることができない子ども、注意が必要な子ども

 予防接種法では予防接種を受けることができない接種不適当者と、受けてはいけないわけではないが、接種する時に注意が必要な接種要注意者に分けて指示が出されていますので、それに沿って説明します。


予防接種を受けたあとの注意
  • 予防接種を受けたあと30分くらいはその場で様子をみましょう。
  • 接種当日は安静にして、激しい運動はひかえましょう(学校では体育、クラブ活動などに注意しましょう)。
  • 当日の入浴はさしつかえありませんが、注射部位はこすらないようにしましょう。熱があれば入浴はひかえましょう。
  • 翌日も熱を測るなど、子どもの様子に注意し、異常がみられる場合は医師に相談しましょう。
  • 生ワクチンでは1〜3週間、不活化ワクチンでは接種直後から24時間以内、おそくも48時間以内に反応が出てきますので、そのころに注意をしましょう。