福井県のホームページへのリンク

確かな技術で県民の健康と環境を守ります。

福井県衛生環境研究センター

情報提供リンクご意見など

ホームセンターニュース刊行物調査・研究施設・組織業務内容

prev管理室保健科学部生活科学部環境科学部環境保全部next

保健科学部では、県内に発生する感染症や食中毒について、その原因になるインフルエンザウイルスやO157、サルモネラなどの病原体を究明し、県が行う予防対策や食品衛生対策に役立てる仕事をしています。

また、得られた成果は、ホームページ「福井県感染症情報」で公開しています。

ウイルス・生化学グループの業務
無菌室風景

無菌室

遺伝子検査風景

遺伝子検査

県内の定点医療機関より採取された検査材料(咽頭拭い液、髄液、糞便など)からウイルスを分離・同定する検査を行っています。

インフルエンザ様集団発生、食中毒・有症苦情などの食品媒介性胃腸炎集団発生の原因究明を行っています。

電子顕微鏡の写真

電子顕微鏡

BSL3での作業風景

BSL3での作業

食中毒や感染性胃腸炎の原因になる下痢症ウイルスの生態を解明する調査研究に取り組んでいます。その成果は感染症予防に活用していきます。

行政の依頼により、SARSコロナウイルスなど感染性が強い病原体の検査を行っています。

top

細菌研究グループの業務
PFGE(PCR)操作風景

感染症予防

食中毒菌釣菌の写真

食中毒予防

感染症の原因菌(O157、赤痢等)について、遺伝子解析等も実施し、より高度な原因追及を行っています。

食中毒菌について、正確な検索(分離・同定)を行い、原因追求と予防に役立てています。

薬剤耐性デスク操作風景

食品の検査

下水処理(メンブラン操作)風景

調査研究

食品の安全・安心のため、市販流通食品の細菌検査や薬剤耐性試験を実施しています。

感染症等を未然防止するため、下水処理施設への流入水について病原細菌等の検索と分析を研究テーマとしています。

top

〒910-8551 福井県福井市原目町39-4 TEL:0776-54-5630 FAX:0776-54-6739 e-mail:eiken@ain.pref.fukui.jp