/ Top / What's New / Database / Topics / Air / EcoLink / Link / Center /

TOP

 
 

このホームページについて

 
 

<解説>

プランクトンは富栄養化の程度に伴い種類や群落に変化が生じます。したがって、富栄養化の程度を総合的に判断する尺度となるばかりでなく、水質汚濁の予測や富栄養化への対応に関しても重要であるといえます。

ここでは、福井県の代表的富栄養化湖沼である北潟湖と三方五湖を中心に山岳湖沼である夜叉ヶ池や刈込池、日本海に近接した猪ヶ池、市街地に位置する福井城跡濠(採取場所)等に生息する代表的なプランクトンを植物プランクトンについては約100種類、動物プランクトンについては約70種類掲載いたしました。

近年の北潟湖、三方湖のプランクトン相に関しては平成9年度10年度12年度13年度の所内報告書に詳しく記載していますので画像と合わせてご覧いただければ幸いです。

ご意見・ご助言等ありましたらこちらまでご連絡ください。

 
 

<謝辞>

当ホームページの作成に当たりプランクトンの同定にご指導いただきました滋賀県立衛生環境センター 一瀬氏、若林氏に深く感謝いたします。

 
 

ERC.PREF.FUKUI.JP